シンプルライフへの道順。暮らしを整える。

ズボラ兼業主婦のラクしたいブログ。家事時短のために断捨離&整理整頓、子育てネタなど。


スポンサーリンク

台風の備え 物干し竿&網戸はしまったほうがいい?飛ぶかも?ベランダ掃除で対策

 f:id:rikei-kasan:20180823133243j:plain

今更なのですが前回の台風前に実施したベランダのお掃除の記事です。

 

台風の前、物干し竿や物干し台、網戸の処遇って悩みませんか?

物干し竿も網戸も結構重たいし、物干し竿は細くて風なんか受けそうもないし飛ばないだろう、とは思うもののもし飛んじゃったらどうなるの?って思いません?

今回はお掃除記事に合わせてこの辺りをまとめてみました!

ベランダ掃除:台風対策

とはいっても正直、うちはベランダ自体にあまりものを置いていません。

理由は3つです。 

ベランダに物を置かない理由

1.子供が足場にして落下する事故を防ぐため

2.物の落下事故を防ぐため(台風などの時含む)

3.そもそもマンションのベランダは共有部分なので個人のものを置くのは禁止されているため(消防法)

※一番は避難経路の確保!これはうちだけの問題じゃないので極力置かないと決めてます。

先日張り替えた網戸の残りと、夫君のアクアリウム失敗の残骸がそのままになっていたので今回はそれを断捨離しました。

ゴミ袋に突っ込むだけの簡単なお仕事です。

てかね、網戸の網とかね、すぐに捨てたらいいのにね!

f:id:rikei-kasan:20180823133237j:plain

♪パパパパナシ~

わたしぱなしのおんなのこ~♪

これから きをつけま~す!

※年代がばれる・・・ポン〇ッキで流れてませんでした?こんな歌。

f:id:rikei-kasan:20180823133234j:plain

夫君のアクアリウムの残骸。

メダカ数匹だけだったのですがどうやらメスのみだったので寿命で全滅してしまい、そのままにしていたようです。(卵産んでいたので何回かいっしょにうつっている発泡スチロールに移動させたものの、一回もハリコにならなかった)

メダカ、何気に癒しだったのでまた飼いたいなぁ・・・

ただ、水槽はヒビが入ってしまっているので一回廃棄します。

台風で物干しざおや網戸は飛ばされるか?

f:id:rikei-kasan:20180823133240j:plain

実際のところどうなんかなぁと思ってちょっと調べてみました。

ググったら出てくる出てくる・・・飛ばされた体験談。

物干しざおに関しては洗濯物を干していて(台風のさなかになぜ外干し!?)洗濯物が帆のようになって飛ばされた、というものもあれば、何もつけてなかったけど飛ばされていた!というものもありました。

風速が20m/sを超えてくるとなんでも飛ばされるみたいなので物干し竿も例外じゃないようです。中には飛ばされた物干し竿が人の車にあたってしまい、十数万円の修理費用を請求された事案もありました(; ・`д・´)

というか、理系かあさんも台風中に網戸が外れて飛ばされそうになり慌てて暴風雨のなか取り込んだことがあります(※一緒に飛ばされる可能性があるので良い子は絶対真似をしないでね!戸板で空を飛べるのはフィクション忍者だけだよ!なお、何事もなかった私は運が良かっただけです)

台風の風で飛ばされて自分の家や人様のお家の窓や車を破壊してしまってはいけませんので対策が必要だということがわかりました。

飛ばされないための対策:網戸

網戸を飛ばされないための方法をまとめてみました。

はずれ止めがセットされているか確認する

実は多くの網戸には最初から「はずれ止め」が付いています。以前はこれを知らなかったので暴風雨の中網戸を取り込む羽目になったわけですが( ;∀;)

しっかりはずれ止めをしておけばめったなことでもない限り網戸は飛ばないそうですよ。

 

ちなみにうちの網戸のはずれ止めはこれ。

f:id:rikei-kasan:20180823133231j:plain

これは外れている状態なので・・・ネジを緩めて上へ押し上げて固定します。

 

f:id:rikei-kasan:20180823133708j:plain

ねじを締めてこれで外れなくなった状態です。

反対側にも同じパーツがあって、上部計2か所についています。

※いつもこの状態にしておくのが正解です。先日網戸を張り替えて直すのを忘れていました・・・

 

たまに、ここではなくて網戸の横側の上部についているものもあります。詳細はYKKさんのHPが詳しいのでご覧くださいませ。

網戸についてのお願い | 安全・安心、快適のポイント | YKK AP株式会社

ちなみに以下のようなご家庭ははずれ止めが外れている可能性が高いです。ご注意くださいませ。

網戸が飛んでっちゃいますよ!

網戸はずれ止め外れてるかもチェック項目

◼️風が吹くとガタガタする

◼️網戸の張替え、引っ越しなどで外したことがある

◼️開けたり閉めたりしただけで外れることがある

シャッター・雨戸を閉める

網戸よりも外側に雨戸やシャッターがあるご家庭では手っ取り早い手ですね。飛来物による窓の割れも防げます。

ただ、風が出てくる前に閉めないと危ないので早めに対策しましょう。

ちなみにうちはシャッターがないのでこの対策はできません_( _´ω`)_ペショ

網戸を外して室内に取り込む

はずれ止めが付いていない、もしくは飛んでいくのがどうしても不安な時には取り込んで部屋に収納してしまうのが一番安心です。(うちははずれ止めの存在に気が付く前は毎回取り込んでました)

手間はかかりますがこれなら絶対に飛ばされません。あと風で網戸が行ったり来たりしてうるさいのを防げます。

飛ばされないための対策:物干し竿

竿ストッパーを使う

竿の落下を防ぐための器具ですね。

洗濯物を干すときに物干し竿を引っ張ってしまって落としてしまうときがあるので、うちでは通常時から使っています。300円弱でいい仕事してくれるなぁという印象。

ただ、突風が吹くと正直大丈夫なのかな?って思う部分もあります・・・

紐が通せる小さい穴が開いているので、ここに紐を通して物干し台とかにしっかり固定してしまえば安心かもしれません。(ただ、風速が30mを超えると物干し台ごと空に舞うことがあるそうです(; ・`д・´)マジカ)

うちは結束バンドで固定しようと思ったのですが結束バンドを切らしてしまっていたので断念しました(><)

室内に取り込む

もうね、これが一番安心ですね。

うちの物干し竿は伸縮タイプなので小さくして室内に取り込みました。

伸縮タイプ、強度の不安があったのですが意外と強いのと、引っ越しの時もたためるのでおすすめです。

風速とその影響

ついでなので風速とその時に起こる状態についてまとめてみました。

気象庁のリーフレットがわかりやすいです。

気象庁|リーフレット「雨と風(雨と風の階級表)」

今回はわかりやすいようにそれぞれの風速の動画をご紹介してますので良かったら体感してみてくださいませ。

風速10~15m/s


風速10m

時速にすると50㎞/h弱。

結構強い風で、傘はもうさせません。樹木や電線や雨どいが揺れてトラックなどは風で流されているのがわかる状態。瞬間風速で20m/sを観測することも。

風速15~20m/s


風速約17m/sってどんな風? ~布団で検証~

風に向かって歩けない状態に。傘はひっくり返り、吹っ飛んでいきます。

布団さえこいのぼりのようになびいてしまう事態。っていうか地面と平行になってますね。

看板やトタン屋根が剥がれて飛ぶ事態が頻発し、固定されていない屋根瓦も飛びます。

窓もガタガタと揺れ、トラックでない車でも風にかなり流されます。

動画ではファッションも相まって面白い感じになっていますが、結構笑い事ではない事態になってきます。瞬間風速では30m/sがでることもあります。(※30m/s出ると電信柱や車も吹っ飛びます。)

台風の強風域は15~m/sが相当します。

風速20~30m/s


強風体験

もう物につかまっていないと立っていられない状態に。子供くらいだと飛ばされる恐れがあります。(大人も転倒などがおこります)

瞬間風速は40m/s出ることもあります。

細い木が幹から折れ、看板は落下しとばされ、車ですら走りにくくなり、ビニールハウスは破入れ、固定されていないプレハブ小屋は倒れたり壊れたりします。

もう阿鼻叫喚の状態。

台風の暴風域は25m/s~なので、暴風域に入るよ!というときはこの状態が起こることを想定しましょう。

風速30~m/s


Typhoon Jelawat over turns a car

2012年に沖縄を襲った台風17号の動画。車が紙製?ってくらい簡単に吹き飛ばされる様子が映っています。(アメリカ兵が撮影した動画なので音声英語です)

風速が30m/s超えると瞬間最大風速は50m/sでることもあり、こうなるともう人は歩けません。飛ばされます。多くの街路樹が幹で折れたり根から倒れます。そして幹ごと飛んでくることもあります。

トラックは横転し、屋根や外装が破壊される家屋も出てきます。

ニュース動画などで見られますが、2012年のこの台風の時は街路樹の倒壊、車の横転が相次ぎました。

まとめ

お掃除に合わせて網戸&物干し竿の台風対策をお送りしました。

いかがでしたでしょうか。

対策法さえ知っておけば台風前や通過中に焦ることがなくなって安心して過ごせますし、間違っても私のように暴風雨の中に飛び出さないといけなくなるような事態は避けられます。

賃貸の場合、網戸を飛ばしてしまうと借主が弁償しないといけないこともあるので、台風が来る前に安全を確保したうえできちんと固定されているか確認されてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、台風の時のその他備えに関してはこちらの記事にまとめております。

よろしければ合わせてごらんください。

www.rikeikasan.com

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ブログランキング参加しています!もし応援していただけるとすごくうれしいです( *´艸`)

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク